2014キノコin富士山 松茸一本  

7月半ば頃から始まった夏キノコも終わり、9月に入り秋キノコ本格シーズンの20日に、
6人で富士山まで行ってきました。(経験 初心者2名・2年生2名・ベテラン2)

     (夏キノコは殆んどタマゴダケでした

初心者2名なので、“食えないキノコはないよ、どれでも一回は食べれるから
とジョークを言いながら山に入りました。
  

  
山には、いろいろなキノコが生えてますが、綺麗な姿は妖精そのもの。 上、これは食べれるよ!  
最初の所で、山から車に戻って来たキノコ採り始めてのTさんが、“これは食べれる?
と差出した茸にビックリこいた! なっなんと大きな松茸じゃございませんか
  
  

何所で採ったの覚えてる?”“良く分らないです”の返事に、みんなあっけに。

長年この滝沢林道でキノコ採りをしていますが、お目にかかったのは今回が初めて、余り松茸の噂も出ないの
が滝沢林道なんですから。 

3ヶ所ほど場所を変え、山から出てみんなで採ってきたキノコを広げて選別です。

 それぞれがチェックを始める  これ大丈夫かなぁ?と2年目のFさん
  

湘南でアシナガと呼ぶなら茸もまあまあ)(巨大なタマゴダケ)  (クロカワも採れ、明日の天ぷら   

  

初めてのTさんにベテランキノコ師Yさんが懇切指導です) 

明けて21日は、昨日採った「キノコで鍋」です。
会員のAさんの店に集まったのは、18名(採りには6名)と、嬉しい限りですね。

 なぎさ寿司 去年もここでやりました)     (大鍋いっぱいのキノコ鍋 うまそうですね
 
キノコ鍋に、キノコの酢の物、そして天ぷらどれも旨っ!
 

お店の定員をオーバーする人達ですが、みんな幸せそう!

今年のキノコ採りは、土曜日に実施した為に行きたくても行かれなかったSさんや、
キノコ撮りに行けなかったKさんを連れて、一週間後の日曜日(
28日)に再実施とな
りました。

以下が、Kさんが撮ったキノコ採りや山の様子です。 
 
来年は、キノコ採りに多くの方が参加することと思います。
又、松茸を求めて長野方面への遠出も予定しようかな。(写真提供 Kさん)
                                                        (富士山クラブ蓬 記)
 


 

今年も暑い々夏も終わり8月末には、雨もあり朝夕も過ごし易い季節になりました。

きのこ達にとっては雨が最高のご馳走みたいです。

 恒例のきのこ採りを下記の通り行いますので、興味のある方はご参加下さい。

翌日、「キノコ鍋」もやりますよ。

 昨年はキノコの当り年でしたが、今年はどんだべが?

9月20(土曜日)朝4時前後、平塚出発 (各自の家まで迎えに行きます

 直行者集合場所時間〜山梨県 道の駅富士吉田(朝515

  採れるきのこ予想〜イグチ類、アカモミタケ(アカハツ)、クロカワ

   ナラタケ平塚辺りではアシナガ、青森ではサモダシ等)等いろいろ。 

   

服 装〜長袖・長ズボン・長靴・タオル。軍手・帽子・合羽 携帯は必須です。

キノコ鍋】21日曜日) 午後3時頃から、平塚市平塚の「渚」

会 費〜おどご3500円、おなご3000円。

会 場〜20名弱の広さなので、採りに行った方が優先です。

 お問合せヨモギハタ迄090-4269-5676  又は  yomogi60@yahoo.co.jp  


            □□□□□□ 2014ワラビ採り記 □□□□□□(518)

 今年の参加者は、20名余りと例年の倍の人数となり、車も数台でそれぞれの
地域から出発となりました。
私も、平塚駅近くに最初の出迎えが真夜中の1時半、次は横内方面、最後が
岡崎から3人を乗せ計6人で、2時頃に待合場所の山梨県富士吉田の道の駅
に、真夜中のドライブです。
途中、コンビニで朝飯の買い物。
3時半過ぎに道の駅に着くと、既に3台が到着済みです。
地元の民宿泊りが1名で、そのTさんと一緒に、採取地の北富士演習場に向っ
のが4時ごろ。

東の空がほんのりと明るくなりだし、車から降りたら“わぁ寒い”の声、さすが
3じゃ寒いわけだ。

でも、天気が良くて雪を抱いた富士山が良くと見えてます。
この時間に、きれいに見える事は余り無い事なのです。
カッコウ・カッコウ・カカ カッコウ”ほっとする鳴き声を聞きながら、
カッパズボンを履いたりなどの準備をして、いざ出陣!

 
遠くの町並みは富士吉田市 富士山を背中に探索開始420分。日の出は431
 朝飯は7時からだから、今度は富士山を目指して戻って来いよ。
   
 5時の富士山、今年は雪が多いね  同時刻に丘から、15,6人が見える)
 野焼きをして有り、まだ草が10cmほどなので、伸びたワラビは見つけ易い事。採れなくてもいいから、富士山を見てるだげでいいから連れてって
と言っ
てたNさんや、もう直ぐ傘寿を迎えるHさんも、袋一杯採って重そうに戻って 来ましたよ。
 

この嬉しそうなお二人のつらっこ、Nさんは田舎では山菜採りした事が無いとか)

7時前、みんなが戻ってきたので、朝食の支度が始まりました。 

 
   

      (ウドのてんぷらを揚げるUさん、採り立て山菜の味噌汁をつくるKさん達

採り立ての旬な山菜での朝食、これが何ともたまらないんですよ。  
            
(ウドの天ぷら、今年は藤の花の天ぷらは無かったね。)  
     
 (証拠写真をとパチリKさん)  (いつも元気なSさん)  (初めての生ウドにご満悦Tさん)
   
 4人連れて初参加のIさん)  (幸せそうなSZさん、Tさん、STさん)

参加者全員が大収穫の今年の山菜採りに満足、朝食を済ませたら帰るよの声。
私達6人グループは、どうするんだろ?と思い訪ねれば、“久しぶりに来たんだ
から、忍野のソバを食べて行きたい”に、その後、2ヶ所ほど立ち寄って、
11時過ぎに忍野八海の近くの蕎麦屋に到着。
美味しいソバにお腹も一杯だよ

   
(お蕎麦屋さんの庭で記念写真)   (トイレ休憩で寄った富士霊園のつつじ)
皆さんを無事に送り届け帰宅したのは午後3時頃、幸せな一日でした。(yomogi 


 富士山麓での山菜採り】
主催 富士山クラブ 
       今年も壮大な世界遺産 富士山の麓で、

採った山菜の朝食で旬を堪能

     518日 (第3日曜日)

☆ 場      山梨県 忍野村  北富士演習場 (今年は野焼きを実施しました)

        道の駅「富士吉田」に朝4時に集合です日本橋から中央高速で約90分) 

☆ 山菜名  わらびうるいうどふきそでこ(しょでこ)             

      平塚市周辺お住まいの方〜車で自宅か付近まで送迎しますのでご安心下さい。

@  日帰りの 〜 5/18 (日曜日)早 朝 (1:30 2:00)

A 泊まりたい方 〜忍野村 民宿紹介します。4時頃現地に向う10分。 

  解散帰宅 11時過ぎ現地 @昼食後に帰宅 A昼食・温泉入浴して帰宅

参加費  @ 日帰りの方 入山料/ガソリン代等含む  1,500円位(朝食は各自持参)

A 泊まりの方  民宿代+入山料等含む 7,500円位(              )

                ☆ 服 装 長袖・長ズボン・長靴・タオル・軍手・雨に備え合羽の用意等

           ☆締切り  512日まで 蓬畑に)特に泊まり希望の方)        

     ★参加服装 初参加の方は、ヨモギハタ まで連絡下さい(090-4269-5676)

                                (Email  yomogi60@yahoo.co.jp ) まで。

     ★注意事項 携帯電話を忘れないように!

     
 (一昨日53日の富士山  野焼き後3週間弱の新芽)  (気の早いわらび)  (3日富士山で採ったウド)
 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 現地は蛇いません ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆