☆☆☆☆☆ その後の竹飾り ☆☆☆☆☆

【陸前高田】国道沿いに七夕飾り 神奈川のJC協が寄贈

 

日本青年会議所関東地区神奈川ブロック協議会(神奈川県逗子市)

は9日、陸前高田市竹駒町の国道340号沿いに七夕飾りを飾った。

神奈川県内の団体から贈られた七夕飾りで、今後1カ月ほど、

道行く人や運転者の目を楽しませる。

七夕飾りは高さ約3メートル、幅約15メートルにわたる。ササには、竹駒小の児童が「ピアノがうまくなりたい」

どと願い事を書いた短冊が付けられている。

 同県平塚市で行われた湘南ひらつか七夕まつりで使われた吹き流しなどを東海大や同市の湘南スターモ

ール商店街、湘南七夕の会がとりまとめて寄贈。同協議会の約20人が陸前高田市を訪れ設置した。同協議

会の清田祐介会長(40)は「子どもや住民に笑顔を咲かせたいと思い、神奈川から持ってきた。今後もさまざ

まな形で被災地の支援を続けていく」と話した。

【写真=陸前高田市竹駒町にお目見えした神奈川からの支援の七夕飾り  岩手日報 】   (2014.7.10) 
 
(写真左側に、屋根型の飾りが県人会のメイン飾り)  
   
 (金魚ねぶたの灯篭を飾り付け中) (飾りの順番を待つ ごしょりん) 
神奈川から飾り付けに駈け付けた20人の方達とその飾付作業の様子 
   
(現地JC関係者と、翌朝作業開始に)  (国道の対面は,ドライブインです) 
 七夕飾りを陸前高田へ。神奈川としてできる復興

7月9日、岩手県陸前高田市竹駒町の国道340号沿いが多くの七夕飾りで彩られました。この七夕飾りは「湘南ひ
らつか七夕まつり」で使用されたもので、七夕まつりの終了後、神奈川ブロック協議会のメンバーで陸前高田市に運
んできました。神奈川ブロック協議会は本年度、どうしても薄れていく震災に対する意識の中、神奈川県民として何
ができるか?真剣に考えてまいりました。この事業も、清田会長をはじめとする神奈川ブロックメンバーの熱い想い
のもと、平塚青年会議所と協力し実現した事業です。私たちのこの運動が少しでも地域の方々に元気を与えられれば
幸いです。今後も、神奈川ブロック協議会は継続的な復興支援と、震災に対する意識を風化させないよう、働きかけ
ていきます。

戦後商業振興策として始まった「湘南ひらつか七夕まつり」の七夕飾り。陸前高田市では早期復興を願うものとして、
8月まで高々と掲げられている。               (日本青年会議所 
神奈川ブロック協議会
 

☆JC神奈川ブロック協はじめ、沢山の人達の震災復興に向けた取り組みが、私達の竹飾りにもお役立ち

させて頂く事に感謝申し上げます。     (写真提供 JC神奈川ブロック協 )      (Y記)

 




飾り制作佳境 
今月からの本格的な制作作業に入った飾り制作も、いよいよ佳境にはいってきましたよ。
6・7と2122(土日)の制作状況を、レポートしました。 
   
6日の作業風景)  21日の制作風景 制作応援者も大勢です) 
本体制作の石岡七夕絵師の指導に従ってそれぞれが、制作を進めます。  
     
(花用の色紙のカット)  (おしゃべりしながら、色紙での花織り作業)  (エッ〜とこれは、木枠用の準備) 
灯篭の下や、今年初めて灯篭に窓?を付けて、その中に金魚ねぶたを飾る為に、ねぶた絵師の太田さん
子供達に、金魚ねぶたの色づけ等やり方を教えています。   
       
    (青森から800キロ離れた湘南の地で、金魚ねぶたの絵付けができ、この子供達が生れた平塚の
      七夕飾りになるのよ)
 
くすだまや灯篭初め、本体も大分出来てきたようです。 
   
(今年のくす玉は、真っ赤なりんごと最近多くなった黄色のりんごになりますよ)
     
(一番上段の竹飾りになる灯篭には、青森各地の観光ポスター、そして窓から金魚ねぶた)  
 
(本体の飾りにも、青森各地の祭りポスターが貼られていきます) 
     
(本体飾りは四面に何所からみても、青森の祭りがみれます。弘前城 立体になり、夜はライトアップだよ)  
     
(最下段の灯篭は、今年も青森のゆるキャラ達が担当します。応援してね〜。いいぞヤッテマレ!)  
     
(金魚ねぶたの点灯試験です) (竹飾りは、このような配置です) おまけ、(親子での飾り作り、いいですね)
来週の土日(2829)で最終的に制作を終え、74〜6日の七夕祭りを待つ事になります。
七夕祭りの場所は、例年と同じく富田豆店の前付近で、竹飾りは皆さんを待ってますよ〜
                                                                                                         
(Y記)



                             
   平成26年5月吉日     
  今年も七夕まつりが近づいてまいりました。
県人会では今年も飾りを出展することとなり、いよいよ製作に取り
かる時期となりました。つきましては皆様方のご協力をお願いする
ころでございます。製作場所は明石町市民プラザ駐車場6階フロア
で行います。簡単な指先の仕事なので老化防止のリハビリにも良いか
と思います。日程は下記の通りです。

            記

 5月24日(土曜日) 道具・工具等搬入・製作作業なし

   25日(日曜日) 部品部材等の収集手配

 6月 7日(土曜日) 通常作業

    8日(日曜日) 午後青空会の為・午前中のみ

   14日(土曜日) 通常作業

   15日(日曜日) 通常作業

   21日(土曜日) 通常作業

   22日(日曜日) 通常作業

   28日(土曜日) 通常作業・仮組み立て・点灯テスト

   29日(日曜日) 手直し等最終検査テスト

   作業時間:午前10時から2時・午後13時〜15時30分

                                                     
※昨年の製作現場のスナップ※ 
   
※今年の飾りイメージ※